お写真公開

blog

posted by admin

前回の更新からおよそ2カ月弱経ってしまいました。夏もいよいよ後半戦でしょうか。

高校野球にオリンピックなどなど、今年の夏はなにかとにぎやかですね(^^)

 

さて、今回はひさしぶりにお写真を公開します。

カーテン22パックならではの仕上がりになりました。

 

先日、工事させていただいたお客さまのお宅から。

窓の開口高よりもさらに高い、天井面にレールを取り付けて、

より一層の高級感をもたせました。

カーテン22パックはある一定の高さまでなら、お値段の変更はありませんので

こうしたアップグレードも難なく対応できます!

 

さらに装飾タッセルもご用意。こちらも種類は少ないながら、加算額なしでお選びいただけます

通常は厚地のカーテンと同じ生地でご用意するものですが、こうしたアイテムで雰囲気も変わりますね!

 

選んでいただいたものは、クラシカルな柄が特徴の薄いグレーのカーテン。

パターンが大きめなので、カーテンのサイズが大きいほうが、特長をより活かすことが出来ます。

今回の場合はカーテンの特徴を最大限に活かせたと思います(^^)

 

今回はここまでです。次回もおたのしみに~。

気の持ちよう

blog

posted by admin

7月になりました。今日は雨。梅雨どまんなかな空模様です。

 

雨が降ると気分が沈むという人もいるでしょうし、

こんなときくらいおうちでゆっくりしようと気持ちを切り替える人もいるでしょう。

もしくはアグレッシブに外へ出かけよう!という人もいるかも。

 

どんなときも、気の持ち方ひとつで、その先の考え方が少しは変わってくるものだと思います。

 

あと半年しかないのか、まだあと半年もあるのか、とか、時節柄よく耳にしますけれども、

わたしはどちらかというと、今ある時間を最大限有効に活かしたいなぁと常々思ってます。

 

だんだんと時間の経過が早く感じられるようになりましたけど、

あと半年もあるなら、いろんなことが出来る!

 

さて、今日の午後はどんなことがあるかな~。

初の試み ~番外編~

blog

posted by admin

新潟も梅雨入りしました。

しばらくはジメジメとした毎日が続くと思いますが、

気持ちだけでも軽やかにいたいですね(^^)

 

今回の納品についてなのですが、実は非常に思い入れのある事例になりました。

長年、担当として当社とお付き合いしてこられたメーカーの方が、異動になられるとのことで、

今回の件が事実上最後の物件ということになりました。

 

いっしょにお仕事させていただく最後ということになれば、

何が何でも最高の納めにしなければ!

 

当社の中でも私がいちばんお付き合いが長く、関わる仕事の量も多かったので、

本当にお世話になった方でした。

無理なお願いばかりして、時にはわざわざ東京から新潟まで出向いてくださったこともありました。

嫌な顔一つせず、さまざまな事に親身になって応えてくださった姿勢は、

私にとって印象に深く残っていますし、業務に携わる上での指針とさせて頂いています。

 

残念ながら、お納めしたところをご覧いただくことはできなかったのですが、

学ばせていただいたことをこれからますます洗練させていって、

より多くのお客さまに還元していけるようでありたいと思っています。

 

明日は少々難しい案件が待っています。がんばります!

初の試み ~その2~

blog

posted by admin

おはようございます!きょうもいい天気です。暑くなりそうですね。

 

て。

先日お話ししていた件、いかがでしたでしょう。なにか妙案は浮かびましたか?

あれやこれやと、何度も打ち合わせやメーカーとの協議を続けてきた結果、

今回についてはこれがベストであろうというものを、ご紹介したいと思います。

 

では!

 

前回とほぼ同じアングルから撮影しております。

お使いになられていたシートと同じような、真っ白い生地を使って、

なるべく圧迫感を感じないようにしてみました。

薄めの生地ですので、重量による生地の弛みもあまり見受けられないと思います。

 

そして。

 

開口の四方にマジックテープで張り付けられるようなレールを用意。しっかりと固定します。

そのレールに対して、生地に縫い付けておいたマジックテープを貼り合わせます。

弛みが出ないような寸法を考慮するのが非常に難しかったですが、とてもきれいに納まったと思います。

 

さらに!

 

懸案のひとつだった吹抜のバーチカルブラインドの操作については、

生地にハトメを開けることでクリア!

穴あけ箇所の正確な位置出しで、支障なく操作することが可能です。

柔らかい生地についてはハトメの始末は手間のかかるところですが、

ここはメーカーさんの腕の見せ所でした(^^)

 

そうすると!

 

光を取り入れたい場合はこうなります。室内に射す光も充分に取り込める仕上がりになりました!

お客さまからも、 『大変満足です(^^)』 とのお言葉を頂戴しました。

 

大開口を床に平行方向に仕切る、という初の試みでしたが、いい納まりになったと思います。

ボーダー柄だったら、オーニングみたいになって、よりオシャレになったかなとは感じますが、

採光性なども考えるとこれがベストチョイスだろうと思っています。

 

ブログも初の2部構成という、初物尽くしの投稿になりました。

今回はなにか感慨深いものがあります(^^)

 

初の試み ~その1~

blog

posted by admin

このお話をいただいたのは、今から4カ月ほど前まで遡ります。

 

冬。まさに1年でいちばん寒い時期に、お客さまからご相談をいただきました。

『リビングに冷気が吹き込んでくるのを何とかしたい。』とのこと。

詳しくお伺いしてみると、なかなか一筋縄ではいかない雰囲気です。

 

ひとまず、現場確認ということでお伺いしてみると・・・

リビングの大開口を、市販の養生シートで覆っていらっしゃいました。

シートはヒートンに引っかけてあります。ヒートンを打つだけでも大変な手間だったと思います。

 

1Fから見るとこういう状況です。確かに仕切れてはいますが…。

・シートの垂れ、圧迫感などの見た目

・吹抜け上部のバーチカルブラインドの操作

・取り付け、取り外しの容易性

などなど、より良くするためのポイントは多々あります。

 

リビング内には階段もあります。カーテンで間仕切ってありますが、

暖房を付けると2Fの冷気がカーテンを押すほどの勢いで流れてくるんです。

嘘みたいですがホントです。びっくりしました。

 

以上、もろもろ整理しますと、

・暖房稼働時の冷気の流れ込みを防ぎたい(暖気と冷気が循環するため)

・見た目良く、脱着性良く、採光性良く

・バーチカルブラインドの操作性も確保

これをクリアするご提案が、今回のミッションということになります!

 

そして、最大の問題が、開口の広さ。

幅・長さともに2間分。要は8帖の広さということです。

ブラインド類では、とてもこれだけの大きさのものは用意できません…。

 

床に対して平行方向に、しかもこれだけの大きさを隙間なく仕切るものとは、なんなのか…。

 

さあ、みなさんも推理してみてください!(劇的ビフォーアフター風にどうぞ)

 

今回の書き込みはここまで。

ご覧になっているみなさんなら、どうしますか?

 1 2 3 4 5 6 »次へ  Last ›

ブログ検索

最近付けられたコメント

  • コメントはありません。

カレンダー

<< 2016年 8月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

カテゴリ一覧