William Morris(1834-1896)ウィリアム・モリスの輸入壁紙をお届けいたしました。 | 新潟市に実店舗があるオーダーカーテンと輸入壁紙のお店L'etoffe(レトフ) | 新潟県新潟市カーテン

新潟でオーダーカーテンと輸入壁紙なら「レトフ」 | CURTAIN & WALLPAPER

BLOG

2020/03/19 14:07

William Morris(1834-1896) ウィリアム・モリス

英国の思想家、詩人であり近代デザイン史上に大きな影響を与えたウィリアム・モリスがロンドン郊外の裕福なブルジョア家庭に生まれたのは、今から160余年前のことでした。
幼い頃より中世のロマンスの世界に憧れ、自然に囲まれた大邸宅で過ごす中で、のびやかで牧歌的な感性が養われていきます。
やがて聖職者を志してオックスフォ-ド大学に進みますが、当時の新進社会評論家ラスキンの著書に感銘を受け、ラファエル前派の芸術家(バ-ン・ジョ-ンズ、ロセッティら)と出会い、建築・美術・文学の世界にのめり込んでいきます。
彼が新婚生活を送るために建てた「レッドハウス」は、設計から家具、壁紙、カ-ペット、タペストリ-に至るまでモリスと友人達の手によるもので、“世界で最も美しい家”と呼ばれました。これを機に仲間と共に、“芸術と仕事、そして日常生活の統合”という理念を掲げたモリス商会を設立します。
1880年代には、モリス商会と同じ理想を持つ工房やアトリエが多く生まれ、1888年に開かれた美術工芸協会の展覧会の名をとって、彼らの運動を「ア-ツ・アンド・クラフツ運動」と呼ぶようになりました。
モリスの活動の中でも、ひときわ充実しているのが自然の樹木や草花などをモチ-フにしたテキスタイルデザインです。
このモリスのデザインは一世紀以上を経た今日でも少しも新鮮さを失わず、世界中で根強いファンに愛され続けています。

-マナトレーディング社サイトより-


まだ養生が残っていますが、それでもモリスの美しさは伝わるかと思います。

モリス商会が最後に打ち出した壁紙デザインのひとつ、Bird & Pomegranate 216815 / 212540です。


葉の茂った枝と、中には熟して種の見えるザクロの実、そしてその中に飛び交う鳥の描かれた1926年のデザインです。

落ち着いた色合いのモリスの輸入壁紙は、深みのある上質な空間を演出してくれます。

クラウンやケーシングにもこだわりを感じるお部屋、とっても素敵でした。

N様この度はありがとうございました。新居での暮らしが待ち遠しいですね♪