William Morris(ウィリアムモリス)のテーブルランプを作ろう♪ | 新潟市に実店舗があるオーダーカーテンと輸入壁紙のお店L'etoffe(レトフ) | 新潟県新潟市カーテン

新潟でオーダーカーテンと輸入壁紙なら「レトフ」 | CURTAIN & WALLPAPER

BLOG

2020/03/24 14:28


William Morris(ウィリアムモリス)の生地を使って、テーブルランプをリメイクする方法が学べるワークショップです☆

ランプを作る?!難しそうって思いました?

でも意外と簡単にできる方法がありますので、お教えいたします♪

この教室では、ベットサイドランプとして、ちょっとしたところになど、置いておくだけで素敵なランプがどなたでも作れちゃいます♡

ランプはもちろん素敵なのですが、リメイク方法を学んで、アイディア次第で今あるお部屋の小物もリメイクできそう♪

お気軽にご参加ください(^^)/


開催日:2020年4月25日(土)
開催時間:13:30〜
所要時間:90分〜120分
開催場所:新潟市江南区東船場3-4-39(レトフ店内)
募集人数:4名

〈2種類の布地からお好きな柄を選べます♪〉

※服装について
のりがつく可能性がございますので、汚れても差支え無い服装でお越しください。
※使用する材料について
材料費は参加費に全て含まれています。

【仕様】
サイズ:(約)最大径16cm×高さ29cm
電源:AC100V 50/60Hz
口金:E26
電球:LED電球付
電源コードの長さ:1.8M
質量:約1080g

William Morris(1834-1896) ウィリアム・モリス

英国の思想家、詩人であり近代デザイン史上に大きな影響を与えたウィリアム・モリスがロンドン郊外の裕福なブルジョア家庭に生まれたのは、今から160余年前のことでした。
幼い頃より中世のロマンスの世界に憧れ、自然に囲まれた大邸宅で過ごす中で、のびやかで牧歌的な感性が養われていきます。
やがて聖職者を志してオックスフォ-ド大学に進みますが、当時の新進社会評論家ラスキンの著書に感銘を受け、ラファエル前派の芸術家(バ-ン・ジョ-ンズ、ロセッティら)と出会い、建築・美術・文学の世界にのめり込んでいきます。
彼が新婚生活を送るために建てた「レッドハウス」は、設計から家具、壁紙、カ-ペット、タペストリ-に至るまでモリスと友人達の手によるもので、“世界で最も美しい家”と呼ばれました。これを機に仲間と共に、“芸術と仕事、そして日常生活の統合”という理念を掲げたモリス商会を設立します。
1880年代には、モリス商会と同じ理想を持つ工房やアトリエが多く生まれ、1888年に開かれた美術工芸協会の展覧会の名をとって、彼らの運動を「ア-ツ・アンド・クラフツ運動」と呼ぶようになりました。
モリスの活動の中でも、ひときわ充実しているのが自然の樹木や草花などをモチ-フにしたテキスタイルデザインです。
このモリスのデザインは一世紀以上を経た今日でも少しも新鮮さを失わず、世界中で根強いファンに愛され続けています。

-マナトレーディング社サイトより-


ご予約は、お電話またはお問い合わせフォームより受け付けております。
どなた様もお気軽にご参加ください(^^)/

TEL : 025-381-0016
平日9時〜17時 土日10時〜18時