カーテンのメンテナンス

カーテンを長くお使いいただき、お部屋を良い環境に保つためにも
日頃からカーテンのお手入れをする事をお勧めします。
こちらでは普段のお手入れや、カーテンメンテナンスについてご案内いたします。

ほこりをこまめに掃う


カーテンにはほこりをためないようにしましょう。
ハタキなどで掃うだけでOKです。
特にポリエステル製の生地は要注意!
静電気でほこりを吸い寄せてしまうのです。
こまめにお手入れしましょう。
汚れが目立ちやすいレース・薄手の生地は
定期的なクリーニングをオススメします。

お部屋を十分に換気する


極端に湿度が高いところや結露する所など
カビなどが発生することがあります。
結露が発生しやすい冬場などは要注意!
お部屋を換気するよう心がけてください。
生地が濡れた場合はすぐに乾かしましょう。

カーテンの洗濯について

カーテンの素材や加工法などによってお洗濯の方法は変わりますが、お洗濯できるものがほとんどです。
カーテン裏面についている取り扱い絵表示によってご判断いただけます。

!! クリーニング店に頼む場合は取次店ではなく信用のおける自家クリーニング店(クリーニング環境衛生同業組合加盟店など)に出される事をおすすめします。
!! お洗濯の際は、破損や紛失の原因となりますので、カーテンフックを必ず取り外してください。

シェードのお洗濯


シェードの生地は取り外す事が可能です。
生地を外してお洗濯ももちろんOK。
でも取り外し方が分からない…など
わからないことはお気軽にご相談ください。
その他特殊なスタイルのカーテンも
クリーニング承っております!

クリーニングの目安


カーテンのご使用条件により差がありますが
ドレープなどの厚手カーテンは最低年に1回、
レースなどの薄手のカーテンは最低年に2回。
それくらいを基準にお洗濯してください。
お洗濯のしすぎは生地を傷めてしまいます。
適度なお洗濯できれいに長く使いましょう。

カーテンクリーニングのお問い合わせお気軽にどうぞ。