バーチカルブラインド

blog

posted by admin

昨日は施工に出かけておりました。
ひさしぶりにお写真を公開しようと思います。

ご新築のお客様宅に、バーチカルブラインド(縦型ブラインド)を施工してきました。
以前はマンションや公共物件での利用が多かったものの、
近年では住宅に採用いただく機会が増えましたね。

様々な質感の生地が使われるようになり、
居住空間にも組み込みやすくなったから、というような感じがします。

もちろん、バーチカルブラインドそのものの特徴が、
最近のニーズにマッチしたとも言えるでしょう。

で、バーチカルブラインドとはなんぞや?


これです。

一般的には、ファブリック製のルーバー(羽根)を上から吊るして、
開閉や角度の調整などで採光を行うものです。

高いところからつるすことで、室内をより広く大きく見せることが出来ます。
見た目のシンプルなフォルムも、人気になった要因だと思います。

確かに、厚地のカーテンとレースのカーテンを二重に吊った場合と比べると、
見た目のすっきりとした感じは、はっきりと見て取れます。


少し角度を調整してみました。
ルーバー間の隙間から、外の景色が見えるようになります。
人や物の出入の頻度が高い窓にご利用いただくと、
使い勝手が良いかと思います。

横型のブラインドと決定的に違うのは、手入れがラクだということ。
ホコリがたまりにくいのは、日頃気になることだと思いますので、うれしいですよね。

デメリットといえば、風を室内に取り込もうとしたときに、
ルーバーが大きく揺れてしまうこと。
裾部にウェイト(重り)が入っているため、サッシにあたって音がたつ場合もあります。

掃き出し窓にご利用になる場合は、
小さいお子様がむやみにいじってしまうことも心配になるかもしれません。

どんな商品にも言えることですが、その商品の特性を理解して、
使い勝手・見た目のお好み・ご予算などから総合的に判断されるのがベストです!

« 前の記事 次の記事 »

この投稿に付けられたコメント(0件)

ブログ検索

最近付けられたコメント

  • コメントはありません。

カレンダー

<< 2018年 7月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

カテゴリ一覧