美容室さまの工事

blog

posted by admin

今年最初の投稿になります。遅まきながら、本年もよろしくお願いいたします。

1月も終わりを迎えつつありますが、今年の冬はまあ寒い!
記録的な、という言葉でさえ当てはまらないような大雪の日々でした。
健康だけは気を付けていたいものです。

さて。
先日、ちょっと変わったお取り付けに伺ってきました。
これは画像をご覧いただいたほうが早いと思いますので、さっそく…。


間仕切り用にカーテンレールの施工のご依頼をいただきました。
以前は、観音扉のように中央から割れて、パタパタと開閉する間仕切りをお使いでしたが、
これをカーテンで仕切りたいというご要望です。

今回いちばん頭を悩ませたのは、左側の傾斜している壁面(画像【ココ】)。
これを右側の壁面と平行になるように仕上げなければならなかったということです。

使用したレールはTOSOのウッディ28、ダークマホガニー色。
シンプルな木目が特徴です。
傾斜面の角度を測り、部材を制作して、取付にこぎつけました。

壁面が傾斜している箇所への取付は非常にまれで、
施工が終わるまではあまり落ち着けませんでしたが、
非常にきれいに納まってくれて、よかったです☻

こういった間仕切りの施工でいうと、
例えばリビング内の階段口ですとか、廊下と居室の間仕切りなどが考えられると思います。

使える部材に制約はありますが、
寒さしのぎであったり、見た目のアクセントだったりと、
機能性とインテリア性をいろいろ考慮しながら内容を詰めていくことになりますので、
逆にやりがいのあるケースです(あ、普段がそうではないということではないですよ!)。

お困りのことがございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

初心

blog

posted by admin

不慣れなことを自分でやってみるということは、
終わるまでなかなか落ち着かないもので。
あぁ以前はこんなことばっかりだったなぁと思った、そんな出来事です。

きょう、あるお客様宅へ取付に伺った時のこと。

バーチカルブラインド(縦型ブラインド)をお取り付けに伺ったんですが、
今回はお客様がご自身で採寸されたケースでした。
たいていの場合は私たちが採寸に伺って、それを基に商品を手配するんですが、
お客様がお忙しかったこともあり、ご来店になられたときに

『もう測ってきたので』

とおっしゃって。

私たちはそのデータを信用して手配するだけで、ほかに何かできる事はないわけですから、
あとは無事にお納めするだけ。

お取り付けして、問題なく完了したところでお客様がお見えになられたんですが、
『あぁよかった!いいじゃないですか!』と満面の笑み。

やはり実際に終わらないうちは、不安なところもあったようです。


採寸や施工に出かけるようになったころを思い出すと、
毎日がこういうことの繰り返しでした。
いつしか慣れてくると、多少のことで一喜一憂しなくなるものですが、
商品を無事にお納めしたときの喜びというものは、
いつでも新鮮なままで捉えられるようでありたいなと思います。

たびたびお伝えしていることですが、窓周りの商品をお買い求めになられる機会は
そう頻繁にあることではないと思いますので、
そうした機会をより満足していただけるようにしたいな、と。

年の瀬に初心を思い出す、いい機会をいただけました。


当店の年内の営業はすでに終了しておりますが、
会社の業務としては29日まで行っております。
なにかお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

なお、新年は6日からの営業になります。
初売りとして特別企画もございますので、ぜひご来店くださいませ。


年内の更新はこれで最後になります。

本年も大変お世話になりました。スタッフ一同、心より御礼申し上げます。
新しい1年が大きな飛躍の年になるよう、精進してまいりますので、
よろしくお願いいたします。

魅せる工夫

blog

posted by admin

今回はお写真を2点ご覧いただきたいと思います。

柄物の生地をお選びいただく際に、柄がどのように見えてくるか見定めるというのは、
カーテンを選ぶ段階において、非常に大切なことです。

たとえばシンプルな無地の生地であれば、
どのようなスタイルにしても、
良くも悪くも無難に落ち着く、という言い方があてはまります。

では、柄物だったら?

ハンガーサンプルなどでご覧いただいている際には、
もっと柄がきれいに見えていたのに…
などと感じたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

カーテンに仕立てれば、当然ヒダが寄ってきますので、
立体的に仕上がったカーテンには見える柄と見えにくい柄が場所によって出てきます。

お気に入りの柄がちょうど見えにくいところにいってしまったら、と考えると、
どのようなスタイルにすべきか、というところまで考えておきたいところ。

そこで、今回のようなスタイル!



プレーンシェードをご用意させていただきました。

白地にさわやかな色味で彩られた刺繍の柄が、とてもよく映えています。
全体にちりばめられたパターンが、
余すところなくたのしめる仕上がりになったのではないでしょうか。

あとは、この幕体の両端や裾部に、アクセントになるようなテープを付けると、
それもまた目を引く仕上がりになると思います。

カーテンはお客様の夢をカタチにすることが出来るものだと思っています。
多少の無理難題もたいていの場合はなんとかなるもの。
せひお気軽にご相談ください♪

JAPANTEX

blog

posted by admin

久しぶりの更新になります。
前回の更新が夏季休業の直前でしたので、およそ2か月ぶり。
すっかり秋めいてきた今日この頃です。

今回は、開催が目前に迫ってきました、あるイベントのご紹介を。

来月15日から17日までの3日間、東京ビッグサイトにて、
【JAPANTEX2017】が開催されます。

公式サイトはこちら→ http://japantex.jp/

国内最大級のインテリアの展示会であるジャパンテックス。
同会場では、ジャパンテックスとは異なる、別の建築系イベントも開催され、
文字どおり、国内外から様々な企業が一堂に会する、最大級のイベントになります。

展示会というと、関連会社に傾倒した内容にも思えますが、
もちろん一般の方の入場も可能です。

何度か足を運んだことがありますが、そのたびに圧倒的なスケールの大きさに驚かされます。
有名メーカーのPRはやはり見ごたえがありますし、
掘り出し物ともいえる未知のアイテムに出会えるかもしれない、
という気持ちの高まりを感じられることも、非常に魅力的です。

HPを見てみたのですが、興味をそそられるアイテムも多数ありますし、
初上陸とか、新商品とか、そういうフレーズに心が動かされますね。

新潟でこのようなイベントが開催されることはないので、非常に貴重な機会でもあります。
今のところ足を運ぶかどうかはわからないのですが、
興味のある方・偶然にも期間中に最寄りに行かれるという方は、
ぜひご覧になってみてください。

あなたの知らない世界が、きっとあるはず!


ここのところ、字面だけの更新が続いていますので、
次回はお写真も載せながらの更新ができるようにしたいと思います。
おたのしみに~。

お知らせ+雑談

blog

posted by admin

いつも当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

当店の夏季休業についてですが、

13日(日)から16日(水)を休業とさせていただきます。

よろしくお願いいたします。

 

と、いうことで。

ひとまず区切りを迎えるにあたって、最近感じたことをすこし…。

 

いちばんに思うことは、商品の特徴をより分かりやすくご説明できるようにならなければ、ということ。

これはお打ち合わせのときもそうなのですが、

お客さまから修理のご依頼をいただくときに特に強く感じます。

 

打ち合わせについては、お店にお越しいただいてご説明していくわけなので、

実際の商品をご覧いただいたり、操作していただいたりしながら進行していきます。

お客さまにとっては、カーテンのことがいちばん分かりやすい状況でお話しできていると思うのですが、

これが修理となると、そうはいかなくなります。

 

たとえば、修理できるとい前提でお伺いしてみたものの、

傷みがひどく修理できる状態にないもの、修理できても費用がかさんでしまうもの、など、

現場に行ってみなければわからないことがあります。

 

そんなとき、買い替えも含めたご検討をお願いするときに、

実際の商品が手元にない状況で、いろいろ提案していかざるを得なくなります。

 

私たちは常日頃から商品に触れているので、何がどういうものであるかがわかってはいますが、

お客さまにとっては、それがなんのことかわからないことが多いわけです。

 

【わからない】ままでお話しを進めていくことは、お客さまにとって不安なことこの上ないと思います。

もちろん、最大限の準備をして訪問するわけですが、

貴重なお時間を割いていただいている以上、そういった思いを抱かないようにしていきたいと思います。

 

実際にご提案する商品が手元になくても、最終的には色柄の決定などが後日に残るものだとしても、

お伺いしている時間内で、最大限にご満足いただけるように、

ご依頼に対しての最善の対応が出来るよう努めていきたいと思います。

 

修理のご依頼は今後ますます増えていくと思っています。

それに対して、『カーテンの専門店』という立ち位置の店舗は多くないので、

お客さまもどこに頼めばいいかわからない、ということもよく聞く話です。

 

カーテンの場合、修理依頼 イコール 急を要する状況、になる場合は多いですし、

なにかあってから『さてどうしよう』だと、結構あわててしまうと思います。

 

当店も名の知れた店舗と言うわけではありませんが、

お困りの際には、ぜひご相談いただきたいと思います!

 «前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 »次へ  Last ›

ブログ検索

最近付けられたコメント

  • コメントはありません。

カレンダー

<< 2018年 5月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリ一覧