進化する

blog

posted by admin

時の経過とともに、この世の中にあるものは進化と衰退を繰り返すものです。

いえ、進化し続けていくからこそ、
進化しないものが必然的に衰退とみなされてしまう、といったほうが正しいのでしょうか。

…何を言っているのかわからなくなりますが、
何を言いたいのかというと、新しいものが出ているんですよっていうことです。

すでに発売されてからは時間が経ってはいますが、
『初めて見ました~』というお話もいただくので、ここで再びご紹介を。

ターンアップスクリーン【ビジック】(TOSO社)です。


ロールスクリーンの進化版といえるモデルですが、
ただのロールスクリーンではありません。
生地全体に広幅のボーダー柄が見えるような。って言うよりは見えますよね。


半分ほど上げてみました。なんと、生地越しに窓の向こうの景色も消えるではありませんか!
通常のロールスクリーンでは出来なかった、調光機能を兼ね備えています。

生地全体が透明生地と不透明生地の繰り返しになっていて、
それが裾部で折り返すような仕組みになっているんですね。
よって、昇降するごとに、
生地同士が重なりあったりずれたりすることで、調光出来るような構造になったわけです。

今回はTOSO社製の商品をお取り付けさせていただきましたが、
ニチベイや立川ブラインドといった主要ブラインドメーカーさんも、
当然ラインアップしております。


もうじき春分の日。
昼と夜の長さが入れ替わり、春の訪れもより身近に感じられる季節になります。
窓周りのおしゃれに、ぜひご検討ください。

四季を感じる

blog

posted by admin

3月になりました。

卒業シーズンを迎えましたが、
市内の学校では卒業式が執り行われるなど、いよいよ春が訪れようとしています。
まだしばらく寒暖の差が大きい日が続くと思われますが、待ち遠しいですね。

だいたい気温が高くなり始めるとお伝えしていることなのですが、
お住まいのカーテン、お洗濯していますか?

目に見えないほこりや汚れなどで、案外カーテンは傷んでしまうものですが、
定期的なメンテナンスをすることで、長持ちさせることが出来るわけです。

…ですが。

いっそのことカーテンを新調する、という選択肢もあっていいと思います。

というのも、
今回の冬、非常に寒かったですよね。大雪だったり低温だったり。
これはラニーニャ現象が起きているためと考えられていて(気象庁の発表もあります)、
日本の季節に寒い冬と暑い夏をもたらします。

…暑い夏!?

今からうんざりしてしまいますが、
実際数年前にラニーニャ現象が起きた際、新潟県には大雨の被害が発生するなど、
異常気象も発生しているんです。

そこで、遮熱効果をもたらすカーテンなどをご用意できれば、
お部屋の雰囲気のリフレッシュが出来て、かつ機能的にも使い勝手の良いものになるはず。

ショールームにお越しいただくと、各メーカーのカタログをご覧いただきながら、
いろいろなお話が出来ると思います。
何かとあわただしい季節ではありますが、ちょっと心に留めておいていただくとよいかも。

実際、お客様からお問い合わせいただくこともありますし、
何もしないよりは何かしたほうが必ずおトクだと思います。

ホントは、季節に合わせて厚地のカーテンの掛け替えもしていただけると、
お住まいも彩り豊かになるんですけどね!

きれいなカーテンの向こうにある、素敵な景色を見ながらの暮らし。

そんなゆとりを感じられるお部屋作りのお手伝いが出来たらいいなあと思っています。

ちょっといいはなし

blog

posted by admin

先日、築40年を優に超えるお住まいの、カーテンの掛け替えに伺ってきました。

お部屋と廊下のカーテンは、天井のカーテンボックスから掛けられていて、
ご高齢のお客様ご自身で作業するには、ちょっと勇気のいる高さ。

お打ち合わせの段階で、すべてこちらで対応しますので、とお伝えはしていたのですが、

私たちが作業しやすいように物の整頓を行ってくださっただけでなく、
なんとそのままご利用になられるレースのカーテンのお洗濯までやってしまったとか!

床からの高さおよそ280cm。恐れ入りました。

『怖くなかったですか?』と奥さまに伺ったら、それにはある理由があったそうで…。


以前に私がお打ち合わせに伺った際に、
採寸や色決め、簡単な調整などをひととおり行ったわけですが、
その様子をご覧になられていたお客様には、非常に新鮮に映ったようです。

奥さま曰く、

今も働いてはいるけれど、年齢を重ねるにつれて、
いろいろと億劫なことを、ついつい年齢のせいにして、
先送りにしたり人任せにしたりして。

でも、あなたがうちに来て
いろいろと無理なお願いも聞いてくださって作業しているのを見ていたら、
私もこのままではいけないと感じて。

いつからこんなふうになったんだろう、って感じて。

だからちょっとがんばってみたの、っておっしゃって。


笑顔を交えて話す奥さまの表情は、非常に生き生きとしていました。
ご主人様も身体の具合が思わしくない中、
時折会話に入ってこられて、ありがたいお言葉をかけてくださいました。

納品の作業には、私とスタッフと2名で伺ったのですが、
おいしいお菓子をごちそうになり、帰り際にはおみやげまでいただいて。
私たちの車が見えなくなるまで見送ってくださった姿が、今でも忘れられません。


私たちがしたことは、ただ単に日頃の業務の内容でしかないのですが、
それらがお客様にとって、
お買い物に関わることだけでない、なにか別なことにもいい影響をもたらせたのだとしたら、
これほど光栄なことはありません。


もうじき3月。訪れる春は、別れと出会いの季節です。

お客様とのめぐり逢いも一期一会と言えますが、
より多くの機会に恵まれますように。

美容室さまの工事

blog

posted by admin

今年最初の投稿になります。遅まきながら、本年もよろしくお願いいたします。

1月も終わりを迎えつつありますが、今年の冬はまあ寒い!
記録的な、という言葉でさえ当てはまらないような大雪の日々でした。
健康だけは気を付けていたいものです。

さて。
先日、ちょっと変わったお取り付けに伺ってきました。
これは画像をご覧いただいたほうが早いと思いますので、さっそく…。


間仕切り用にカーテンレールの施工のご依頼をいただきました。
以前は、観音扉のように中央から割れて、パタパタと開閉する間仕切りをお使いでしたが、
これをカーテンで仕切りたいというご要望です。

今回いちばん頭を悩ませたのは、左側の傾斜している壁面(画像【ココ】)。
これを右側の壁面と平行になるように仕上げなければならなかったということです。

使用したレールはTOSOのウッディ28、ダークマホガニー色。
シンプルな木目が特徴です。
傾斜面の角度を測り、部材を制作して、取付にこぎつけました。

壁面が傾斜している箇所への取付は非常にまれで、
施工が終わるまではあまり落ち着けませんでしたが、
非常にきれいに納まってくれて、よかったです☻

こういった間仕切りの施工でいうと、
例えばリビング内の階段口ですとか、廊下と居室の間仕切りなどが考えられると思います。

使える部材に制約はありますが、
寒さしのぎであったり、見た目のアクセントだったりと、
機能性とインテリア性をいろいろ考慮しながら内容を詰めていくことになりますので、
逆にやりがいのあるケースです(あ、普段がそうではないということではないですよ!)。

お困りのことがございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

初心

blog

posted by admin

不慣れなことを自分でやってみるということは、
終わるまでなかなか落ち着かないもので。
あぁ以前はこんなことばっかりだったなぁと思った、そんな出来事です。

きょう、あるお客様宅へ取付に伺った時のこと。

バーチカルブラインド(縦型ブラインド)をお取り付けに伺ったんですが、
今回はお客様がご自身で採寸されたケースでした。
たいていの場合は私たちが採寸に伺って、それを基に商品を手配するんですが、
お客様がお忙しかったこともあり、ご来店になられたときに

『もう測ってきたので』

とおっしゃって。

私たちはそのデータを信用して手配するだけで、ほかに何かできる事はないわけですから、
あとは無事にお納めするだけ。

お取り付けして、問題なく完了したところでお客様がお見えになられたんですが、
『あぁよかった!いいじゃないですか!』と満面の笑み。

やはり実際に終わらないうちは、不安なところもあったようです。


採寸や施工に出かけるようになったころを思い出すと、
毎日がこういうことの繰り返しでした。
いつしか慣れてくると、多少のことで一喜一憂しなくなるものですが、
商品を無事にお納めしたときの喜びというものは、
いつでも新鮮なままで捉えられるようでありたいなと思います。

たびたびお伝えしていることですが、窓周りの商品をお買い求めになられる機会は
そう頻繁にあることではないと思いますので、
そうした機会をより満足していただけるようにしたいな、と。

年の瀬に初心を思い出す、いい機会をいただけました。


当店の年内の営業はすでに終了しておりますが、
会社の業務としては29日まで行っております。
なにかお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

なお、新年は6日からの営業になります。
初売りとして特別企画もございますので、ぜひご来店くださいませ。


年内の更新はこれで最後になります。

本年も大変お世話になりました。スタッフ一同、心より御礼申し上げます。
新しい1年が大きな飛躍の年になるよう、精進してまいりますので、
よろしくお願いいたします。

 «前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 »次へ  Last ›

ブログ検索

最近付けられたコメント

  • コメントはありません。

カレンダー

<< 2019年 4月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

カテゴリ一覧